ハッキン・チューニン セルフライナーノーツ

おっす!扇愛奈です。
2年ぶりのニューアルバム「ハッキン・チューニン」でございますッ!
「ハッキン・チューニン」とは、扇語で直訳すると、「ぶっ壊すチューニング」って意味。
ハッキンはHacking(貫く、打ち破る)のハッキンね!
このアルバム、全部聴いてみると分かるんだけど、色んな視点から歌ってるけど、言いたい事は一つ。「現在をぶちこわせ!」って言う事から「ハッキン」です。
1枚のアルバムが現在に甘んじる気がさらさらない扇愛奈の現在のライブを生中継している、「扇愛奈のハッキン・チューニン」って番組仕立てになっております。
さあ、一緒に現在をぶちこわしませんか?
ハッキンチューニン
「コレクター」

 実は「海鳴りライダー」収録の「ココロジュース」とほぼ同時期に出来ていた曲。恭一さんと一緒に作ってもらった曲です。当時の私は、やたら複雑なコード進行の曲をいっぱい書いてて、1曲ほとんどコード動かない曲を書いてみよう!って事で作り始めたのがこの曲。ベースラインとかほぼ動かないもんね。
 言いたい事言えなくて、出来るくせにしたい事出来ない、溜め込んで溜め込んで爆発させて、自分を壊してしまう前に聴いてもらいたい曲。そんな私自身もコレクター気味なんだよね。現代の若者はコレクターが多いよね。笑

「ピアスホール」

 この曲がこのアルバムの中で、一番最近書いた曲です。ライブでミディアムテンポの曲少ないなぁ〜って思っていたので、ちょっと遅めの作りました。
 どうあがいたって、過去には戻れないのに、「高校時代はもっとギラギラしてた」とか「若さ故の勢いがあった」「あの頃は良かったなぁ」って思ってしまう。ちょうど、初めてピアスを空けたあの頃。そんなしょうもない事言ったって、あの頃のアタシだってアタシなんだよ。「現在」という平和なアナに心地よく収まってないで、そのアナを埋める衝動で貫けよ!

「実況生中継」

 自分の中での葛藤を実況に比喩した曲。こーんな曲中で実況してるの、私ぐらいだよね。笑
 自分の心の声ってやけに高速で聞こえてこない?普段頭全然素早く回んないのに、葛藤が起こると、すごいスピードで回転しだすの。「おお、よくもこんなに色々な事を素早く考えられるな、自分」って感心したり。そんなスピード感を表現してみたかった。そしたら「実況」ってキーワードが出て来たのです。

「主役!現る」

 日本テレビ系列「P★LEAGUE」の主題歌として書き下ろさせてもらった曲。女性プロボウラーが活躍する番組という事で、珍しくちょっと乙女路線。笑
 実際に試合の様子も見せてもらったりしたけど、普段かわいい感じの方や、きれいな方も一投一投、ものすごくいい目をして投げてらっしゃる。私がライブハウスが自分の舞台であるように、彼女達はそのレーンが彼女達の舞台なのだ。そして演じるのは、他の誰でもない「自分」。自分が一番輝く瞬間に出会う為に、主役は全てをココに叩き付ける!

「真冬の花火」

 この曲も「海鳴りライダー」を出す前くらいには出来ていた曲。ちょうど、生まれ故郷の藤沢に遊びに行ってて、江ノ島によったらクリスマスかなにかでちょっと小規模な花火大会をやっていたんです。江ノ島の夏の花火大会はほぼ毎年観に行ってるんだけど、冬の花火大会ってのがまた乙で。澄んだ空気に繰り出される花火が、ちょっと当時色々悩んでた事もあって、黒ずんでた心にピカーって差し込んで来て。寒さすらなんかその花火を飾ってるんじゃないか、くらいに思えて。
 その私が感じた「真冬の花火」の空気感を、恋愛にからめて歌ってみた。

「チキンガール」

 教習所に通ってた時に作った曲。笑
 ライブではグワーっと暴れ回る扇ですが、実はとてもチキンガールでして。チキンガールだからこそ、歌では強いヒトになりたがる訳なんですが。もう曲がり角では時速10kmで小回りするわ、ブレーキ早いわ、自分がほとほと嫌になりました。
 そんな普段の自分の尻を叩く歌。

「再起動スイッチ」

 アルバム「ハッキン・チューニン」のリード曲。ライブでも好評頂いてるこの曲。汚い部屋に寝転んで、なーんにもする気起きなくて、「あぁ、このままじゃだめだ」って誰もが思う瞬間。パソコンみたいに簡単に再起動出来たらいいのに。私のスイッチはどこにあるんだろう?
 ぼーっと音楽垂れ流してた私の耳に飛び込んで来たのは、昔書いた自分の曲でした。それが私の「再起動スイッチ」だった。あんだけ自分頑張ってたんだ、今の私が負ける訳ないって奮起した。
 あなたの再起動スイッチは何ですか?

絶景 / 扇愛奈とFoo-Shah-Zoo

2014.6.25発売 ¥2000(税別)CITRON RECORDINGS DDCH-2345

FSZ_zekkei

昭和歌謡を彷彿させるメロディー+20代女性の内面を臆することなく表現する歌詞、 そしてプログレッシヴ・ギターロックとでも呼べるような変幻自在なサウンドの融合は、 J-POPシーンにおいてかなりの「個性派」であることは間違いなし!
ポップとマッドが共存するサウンドは、まるで薔薇の棘のよう。
必ずや、リスナーの胸に刺さることでしょう。

収録曲

1.Foo-Shah-Zooのテーマ
2.分解しないで
3.ウラハラジュク
4.ペーソスメーカー
5.どこか平たいトコで
6.エレベータアガール
7.魔王
8.風車の夜明け

×
ハッキン・チューニン

4th Album『ハッキン・チューニン』DQC-249 ¥1,700(TAX IN) 2009.06.24

ougi_HT-1

2年振りのリリースとなる今作は、2年間のライブ活動で育て上げた楽曲を真空パッケージ。まさにライブをラジオで実況生中継しているというコンセプト。「現状を打ち破れっ!」と叫んでいる!

プロデュースは杉本恭一、レコーディングメンバーは気心知れたライブメンバーのセクターズ(Gt:杉本恭一、Ba:内田雄一郎、Dr:矢野一成)の面々。

収録曲

1 ハッキン・チューニン
2 コレクター
3 ピアスホール>
4 実況生中継
5 主役!現る
6 真冬の花火
7 サウンド・ロゴ
8 チキンガール
9 再起動スイッチ
10 ステーション・ブレイク

≫セルフライナーノーツ

×
マイクロマティクス / ジ・アジナーズ

2012.4.12発売 ¥600

micromatics

「ヒトの色」をテーマとした全4色入りアルバム。

収録曲

1.ヒッパレライフ
2.グラサン娘
3.ピープルパープル
4.アンチガーリー

×
AGICTED-AGITEATION /ジ・アジナーズ

2011.3.8発売 ¥500

agiagi

アジの名刺となるファーストアルバム。

収録曲

1.ナマモノ
2.奥手とセオリー
3.それが出来りゃあ苦労しない

×
海鳴りライダー

2nd Mini Album『海鳴りライダー』VICL-62415 ¥2,100(TAX IN) 2007.06.20 OUT!

uminari

ハリセンボン出演のPVでも話題になった3rd.シングル「レベルアップ」、渡辺一志 監督、ウエンツ瑛士/中尾明慶 主演映画「キャプテントキオ」挿入歌「コミック雑誌なんか要らない」等を含む全9曲入り!

収録曲

1 ココロジュース
2 真夏の夜に華
3 レベルアップ
4 たそがれアイロニー
5 コミック雑誌なんか要らない
6 こんにゃく人間
7 DIAMONDS
8 長編小説
9 ジェラシックパーク

≫セルフライナーノーツ

×
レベルアップ

3rd Single『レベルアップ』VICL-36148¥1,155(TAX IN)

lebelup_jk

頑張れど手応えのない、歯がゆさ、もどかしさをロールプレイング・ゲームとの対比で描く作品。

でも…耳を澄ませば、成長の音は確かに聞こえているのです!現役大学生、扇の、悩める同世代に向けての等身大メッセージ!

収録曲

1 レベルアップ
2 メガネロック

≫セルフライナーノーツ

×
ニッポンの150cm

1st Album『ニッポンの150cm』VICL-61873¥3,045(TAX IN) 2006.03.08 OUT

150cm_jk

アルバムのサウンドプロデューサーは上田ケンジ。参加ミュージシャンとして、扇愛奈セッションの定番メンバーとなったLA-PPISCHの杉本恭一・元speenaのひぐちしょうこ・アレンジャーとしての実績も名高い十川知司らに加え、筋肉少女帯の内田雄一郎、ソウルフラワーユニオンの奥野真哉、本人の憧れであったのクハラカズユキら豪華メンバーが参加している。

収録曲

1 17才
2 輪廻
3 スタンプラリー
4 片付けられない女
5 靴ずれソナタ
6 レトルト(Album Version)
7 コイバナ
8 旅情
9 六本木通り
10 100万kmのワナ
11 うれしい昼寝
12 マッサージ
13 未設定ジャーニー

≫セルフライナーノーツ

×
レトルト

2nd Single『レトルト』VICL-35944¥1,155(TAX IN) 2006.02.01 OUT!

retort_jk

2nd シングル「レトルト」は、壮大なロックバラード!

恋愛テーマを独特な切り口でコミカルに表現しつつも切なく歌い上げます。「レトルト」という一風変わったタイトルからも想像できるとおり、新たな“扇ワールド”が展開されています。また、ジャケットに女子高生に大人気の作家&イラストレーター“しまおまほ”を起用した事により、より扇の世界観が伝わるような仕上がりになってます。扇の最大の武器である“歌”を最大限に表現した心に残る作品。

収録曲

1 レトルト 
2 勝利宣言
3 レトルト (Instrumental)

×
輪廻

1st Single『輪廻』VICL-35930¥1,155(TAX IN) 2006.01.01 OUT!

rinne_jk

2006年1月7日公開のサスペンスホラー映画「輪廻」(主演:優香/監督:清水崇)主題歌。
今作は、扇愛奈の声とヴォーカルの存在感を気に入ってくれたプロデューサーと監督からの指示を受け、映画用に書き下ろした楽曲です。そして、その楽曲を上田ケンジ、杉本恭一(LA-PPISCH)、という異才ミュージシャン達が強力サポート。“ヒトクセ”も“フタクセ”もある斬新なデビュー作「扇愛奈入ります。」とはまた違った“クセ”を存分に発揮した作品が完成しました。

収録曲

1 輪廻
2 かくれんぼ

×
扇愛奈入ります。

Debut Mini Album『扇愛奈入ります。』VICL-61716¥1,500(TAX IN) 2005.08.24 OUT!

ougiainahairimasu

圧倒的なボーカル力を持つ大学二年生のシン ガーソングライターを、上田ケンジ、杉本恭 一(LA-PPISCH)という異才ミュージシャン 達が強力サポート。またイラストレーターに は黒瀧顕(綿矢りさ「インストール」)を起 用。決してただでは終わらない”ヒトクセ” ある斬新な作品で堂々のデビュー!女性ボーカルシーンでは禁じ手とされていた手法を積極的に取り入れ、新しい女性ロックシーンを 築き上げます!

収録曲

1 スタンプラリー
2 ひねくれて藤沢
3 十月
4 共有
5 お風呂

×